東京理科大学総合研究院 コンバージョン

写真 : 勝田尚哉

東京理科大学総合研究院棟へのリニューアルである。基礎工学部の葛飾キャンパス移転にともない、築24年の校舎をリサーチパークヘッドクウォーターとして甦らせることを目的としている。老朽化の進んだ外壁を更新し、環境に配慮した実験施設とするとともに、ここに集結する優れた人材のコミュニケーションを誘発することができる建築を目指している。

施設概要

  • 建築主

    学校法人東京理科大学

  • 所在地

    千葉県野田市

  • 構造規模

    RC造、地上4階+塔屋1階

  • 改修面積

    7,132㎡

  • 施設内容

    大学(研究所)