東京理科大学 野田校舎3号館改修工事

東京理科大学理工学部先端化学科へのリニューアルである。学生実験室機能、ゼミ室、コミュニケーションエリアで構成されている。新耐震基準の施工後に耐震補強された建物であるため、築47年の老朽化した外装・内装及び設備の改修のみを行い、先端化学科全体のコミュニケーションを誘発することができる建築を目指した。

施設概要

  • 建築主

    学校法人東京理科大学

  • 所在地

    千葉県野田市

  • 構造規模

    RC造 地上4階

  • 改修面積

    2,438㎡

  • 施設内容

    大学